中国輸入代行:OEM

 

提携中の会社(OEM工場)は286社 (2018年10月現在)

 

 OEMは「Original Equipment Manufacturing」の略称です。OEMとは他社メーカーで製造されたものを自社ブランドとして売り込むビジネス手法です、

「委託者ブランド名製造」という意味で、他社の完成品に自社の商標(ロゴ)を貼り付け、低コストで自社ブランドの知名度を向上させます。

中国輸入センターは中国国内の多くの工場と提携しており、ご希望の商品の生産出来る企業を効率よく探り出すことが可能です。
 

■提携工場の多さ

 中国輸入センターは286社(2018年10月現在)の中国加工会社と提携しております、特にファッション、アクセサリー、日用品などは半数以上を占め、多くの日本中小企業、個人事業主様に個性的な自社商品の加工生産に支援しています。
 

 弊社は中国商品仕入れのご依頼を受けて、その商品を注文してお客様に発送するだけではなく、商品品質とサービスのいい加工会社が発見出来た場合は、その会社との提携を積極的に進め、お互いのビジネス拡大、経費削減などに協力することにより、利益を上げることが可能になります。

 
OEMのご依頼を受けた後、提携中の工場担当者(当商品と関連ある工場)に一斉送信して、加工可能かどうか、費用、加工期間などを見積もってもらい、複数の見積書の中から最適な工場を指定します。提携工場の中にご希望の商品を加工出来る工場がない場合は、当センターは無料でリサーチを行います。

■高い交渉力

 中国輸入センターは、中国商品の仕入れ代行もOEM委託生産も、一定の金額を達成しますと、販売側との値下げ交渉を行います。アリババでの少量ご注文では交渉が難しいですが、OEM値下げ交渉の成功率は90%以上という実績があります。
 

 提携中の会社は一般的に適切な価格で見積もってくれますが、提携していない会社との交渉は、貿易経験豊富なスタッフが常識の範囲内で真摯に交渉することを大前提で、買い手の「予算」と売り手の「目標売上」を元に、スキルと戦略プランニングを加えて、(Win-Win)の状態に至れていく。

タオバオ代行

ページトップへ

 

中国仕入れ代行専門 − 中国輸入センター Copyright CIC All rights reserved

プレミアム会員制度が復活!


毎月100名様限定、プレミアム会員に登録しますと国際送料も安心サービスも大幅に割引!1か月から登録可能、利用回数は無制限!


詳しくはこちら>>